身体に良いシャワー・お風呂の温度は何度?

身体に良いシャワー・お風呂の温度は何度?

身体に良いシャワー・お風呂の温度は何度?

夏はさっぱりしたいからぬるめのシャワーを浴びる、反対に冬は寒いから少し熱めの温度が良い、という方が多いのではないでしょうか。

入浴時のお湯の温度にこだわりがある人は少なくありませんが、お肌のためにお湯の温度に気を使っているという方はどのくらいいるでしょう。
今回は、お湯の温度が変わることで体にはどのような影響が与えられるのか、その違いをご紹介いたします。




36度程度のぬるめのお湯の場合

夏の暑い日には、体温と同じくらいかそれよりも低めの温度設定にしている、という方も多いでしょう。
人肌程度の温かさは、体にとってとても良い温度だと言われています。
皮脂を洗い流しすぎない温度なので、乾燥肌対策にも効果的です。

熱いお湯で必要な皮脂まで洗い流してしまうことで一気に乾燥が進み、かゆみや炎症の原因になってしまうことも珍しくありません。
しかし、皮脂を洗い流しすぎないという点で肌にやさしい温度ではありますが、洗髪などには少し温度が低すぎます。

低い温度では頭皮の汚れを落としきれずに、べたつきが残ってしまうことがあるのです。


推奨されている38度から40度のお湯は?

一般的に、シャワー・入浴どちらも38度から40度程度の温度のお湯を使うことが推奨されています。
熱すぎずぬるすぎないこの温度は、体を効率的に温めて心地よさを与えてくれます。

体温よりも少し高めの温度だと、必要な皮脂は残しつつ頭皮などの汚れはしっかり取り除いてくれるので、頭を洗うのには最適だと言えるでしょう。
冬になるとこの温度では物足りなさを感じるかもしれませんが、少しぬるめのお風呂に首までつかることで、体全体を温めてあげることができます。

40度以上の少し熱めのお湯は?

乾燥肌なら毎日石鹸で洗わない部分を作ることも大切

冬場は40度から42度ほどのお湯が気持ちいい、と感じる人も少なくありません。
確かにこのくらいの温度のお湯だと、すぐに体が温まるので気持ち良さも感じます。

しかし温まっているのは体の表面だけで、体の内側までは温まりきっていません。
洗髪には熱めのお湯が効果的だと40度前後のお湯が推奨される場合もあるようです。
汚れを一気に落として毛穴をすっきりさせるという効果があるようですが、頭皮の乾燥を招き過剰な皮脂の分泌につながってしまう恐れの方が多くなるため注意が必要です。

いかがでしたか?
お風呂やシャワーの温度の違いで、身体にどのような変化があるのかをご紹介いたしました。
熱すぎるお湯で必要な皮脂まで洗い流してしまうと肌のバリア機能が衰え、かゆみや炎症などのトラブルを起こしやすい肌質になってしまうこともあります。

熱すぎず、冷たすぎないちょうどよい温度で体をいたわってあげてくださいね。

「冷え」が原因で免疫力が低下するってホント?

「冷え」が原因で免疫力が低下するってホント?

「冷え」が原因で免疫力が低下するってホント?

「冷え」は、さまざまな形で体に悪影響を及ぼします。
免疫力の低下もそのひとつで、健康の維持のためにも冷えを防ぐことは重要な意味を持っているのです。

今回は、冷えが体の免疫力に与える影響についてお話します。




冷えが原因で免疫力が低下するのは「ホント」

体の冷えと免疫力の低下の関係には、体内における酵素の働きが関わっています。
身体の中で作られる酵素は免疫細胞の栄養源となっていますが、体温が下がることで酵素の生産量が落ちてしまうのです。
また、体が冷えると代謝が鈍くなり、体温が上がりづらくなると言う悪循環に陥ってしまいます。

そのため、代謝を高めて体温を上げることが、免疫力を高め、病気を予防することにつながってくるのです。
冷え性は常に免疫力が低下した状態でもあるため、普段の生活から改善していく必要があります。


冷えを防いで免疫力アップするポイントは

冷えを防ぐために重要なのは、生活習慣の見直しです。睡眠不足などの悪習慣が、体の冷えにつながるのです。
冷えと自律神経は深い関係で結ばれているため、不規則な睡眠は自律神経の働きを乱し、体を冷やす原因となります。

十分な睡眠時間を確保するだけでなく、代謝を高めるために運動する習慣をつけ、体の内側から熱を発生させることも大切です。
まずはちょっとした距離を歩くことや、エスカレーターを使わずに階段を使って上り下りすることからから始めましょう。
デスクワークが多いようであれば、仕事の合間にストレッチを行うことも有効です。
体の内側を温めるのには、白湯を飲むのもオススメですよ。

また、無理なダイエットも体から熱を奪う原因となることがあります。
十分な栄養をとることは健康の基本です。体温を高めるために、1日に必要とされるカロリーはしっかりと摂取するようにしてください。

冷えを防ぐためにはストレス解消も重要

乾燥肌なら毎日石鹸で洗わない部分を作ることも大切

冷えは、生活習慣の乱れだけではなく、ストレスがたまることによっても生じます。
ストレス解消して心の健康を保つことも、冷えを防いで免疫力を高めるために重要なポイントなのです。
常に予定を詰めている状態だと緊張がほぐれず、ストレスもたまりがちです。
何もない時間や予定のない日を作り、体や心のリフレッシュにあててみてください。

また、ゆっくりとお風呂につかるのもストレス解消の方法のひとつです。
お気に入りのアロマや入浴剤を使って身体を芯から温めることで、心も体もリラックスできますよ。

代謝を高める効果も期待できるため、冷えの解消にはお風呂に入ることがとても大切です。
38℃程度のお湯に15〜20分程じっくりとつかるようにしましょう。
そうすることで体が芯まで温まります。入浴中にマッサージをしたり、読者をするのもよいでしょう。

冷えは疲れや肩こりを招くだけではなく、免疫力を低下させて病気にかかりやすくなる原因となります。
十分な睡眠や休養で心身のストレスを解消し、冷えを予防・改善することが健康な体作りに努めましょう。

乾燥肌を悪化させない正しい体の洗い方って?

乾燥肌を悪化させない正しい体の洗い方って?

乾燥肌を悪化させない正しい体の洗い方って?

肌の乾燥に悩む女性の数は多く、中には体質だからとあきらめてしまっている人もいます。

しかし、乾燥肌の原因は間違った体の洗い方にある可能性も。肌に優しい洗い方に変えることで、お肌に潤いを取り戻すことができるかもしれません。
今回は、乾燥肌の原因となる洗い方と、改善のための正しい洗い方についてお話しいたします。


肌を乾燥させてしまう洗い方とは

肌の乾燥を招く原因は、体の「洗い過ぎ」です。
肌は、皮脂を分泌することで潤いを閉じ込め、乾燥から自らを守っています。
そのため、過剰に体を洗うことで必要な皮脂まで落としてしまい、乾燥肌の原因となってしまうのです。

また、体の洗い過ぎは肌表面の良い菌まで殺してしまうこともあります。
良い菌は、肌に悪影響を与える菌の繁殖を防ぎ、肌を清潔に保つ役割を果たしています。
良い菌が死んでしまうことで、肌荒れや乾燥を招いてしまう可能性もあるのです。

洗浄力の強いせっけんで念入りに体を洗う人はとくに注意が必要です。
また、体を強くこすることも肌のバリア機能を弱める原因となってしまいます。


乾燥肌なら毎日石鹸で洗わない部分を作ることも大切

人の身体には汚れやすい場所と汚れにくい場所があり、毎日石鹸で洗う必要のない場所もあります。
皮脂の分泌量もパーツごとに異なってくるため、全ての箇所を同じように洗う必要がないのです。

思春期であれば全身を毎日石鹸で洗っても問題は出ませんが、年齢を重ねれば代謝も弱り、皮脂の分泌量が減ってきます。
年齢ごとに身体の洗い方を改めることが大切です。

毎日しっかり洗いたいのは、頭皮や顔のTゾーン、背中と胸の真ん中の部分など。
また、わきの下や下半身、手足も汗をかきやすいため、清潔に保つために洗った方が良いポイントになります。

その他の部分は軽くシャワーで流し、冬場であれば一日や二日おきに石鹸で洗う程度でも清潔さを保つことができますよ。

お風呂上がりの保湿も忘れずに

乾燥肌なら毎日石鹸で洗わない部分を作ることも大切

乾燥肌の改善には、洗った後のケアも欠かせません。
石鹸で体を洗うと必要な皮脂まで落としてしまっている可能性があるため、肌のバリア機能を守るためにも保湿が重要になってくるのです。
乳液やクリームの塗り過ぎも肌のバランスを崩すことがあるため注意が必要です。
乾燥肌だからとつけすぎは禁物で、適量を守ることも乾燥を防ぐために大切です。

乾燥肌の原因となる体の洗い方についてお話しました。
自分の肌質を良く考え、清潔に保ちたいあまりに皮脂を落としすぎないことが大切です。

シャワーに含まれる塩素だけでも清潔さを保てる部分があることを意識し、そのときどきで肌の様子を見ながら洗い方や保湿にメリハリをつけてあげましょう。

何を使って洗う? 肌質別おすすめボディタオル

何を使って洗う? 肌質別おすすめボディタオル

何を使って洗う? 肌質別おすすめボディタオル

みなさんは、体を洗う際にどんなものを使用していますか?
ボディタオルを使っているという方がほとんどなのではないでしょうか。

中には、泡立てたせっけんやボディソープを使って手のひらで洗っているという方もいるかもしれませんね。
しかし、ひとくちに体を洗う道具といっても種類はさまざまです。

そこで今回は、肌質別にオススメの素材や道具をご紹介します。


脂性肌の方は肌の角質に注目

脂性肌の方には、せっけんやボディソープをしっかりと泡立てやすい目の細かいネットやボディタオルがオススメです。
たっぷりの泡で皮脂を浮かせて、すっきり洗い流しましょう。
皮脂が出やすい背中は、特に念入りに洗ってくださいね。

また、皮脂の分泌量が多い脂性肌の方は、古くなった皮脂などが重なる角質肥厚が起こりがち。
そのため、肌の角質を取り除くと効果があると言われるシルク製のボディタオルを使用するのも良いでしょう。
さらにシルクには、肌の毒素を外へ排出する効果も期待できます。


乾燥肌は部位ごとに洗い分けて

乾燥した肌は摩擦に弱くなるため、乾燥肌の方は部位によってボディタオルを使い分けることをおすすめします。
乾燥の度合いが激しい部分には、固い素材のものや目の粗い繊維で作られたものを使用するのは避けるようにしてください。

また、乾燥の原因となる皮脂の落としすぎを防ぐためにも、ゴシゴシと力を入れてこすらなければ泡立たないようなボディタオルの使用も避けた方が無難です。
表面がやわらかい海綿スポンジや、天然繊維を使ったタオルなどでやさしく洗い上げましょう。

海綿スポンジは、赤ちゃんの肌にも使用できるやさしい素材です。ぬるま湯によく浸した海綿スポンジに、手のひらや泡立てネットで泡立てた泡を移して使用します。
スポンジに水分が多すぎると泡立ちがコントロールしづらいため、あらかじめ軽くしぼっておくのがポイントです。

敏感肌をやさしく労わりたいときは

敏感肌をやさしく労わりたいときは

少しの刺激でもアレルギーや肌荒れを起こしてしまう敏感肌。
特定の繊維に肌が反応して、赤くかぶれたような状態になってしまうことも珍しくありません。
せっけんやボディソープの成分に気を遣うように、ボディタオルの素材にも徹底的に気を配りましょう。

ポリエステルのような化学繊維は肌荒れを起こしてしまうことがあるため、オーガニックコットンのような化学肥料を徹底的に排除したやさしい素材で作られたボディタオルを使用することをおすすめします。

いかがでしたか。
肌質別のオススメボディタオルをご紹介しました。
毎日全身に使うものだからこそ、しっかりと肌に合ったものを選んであげましょう。

お風呂から上がると乾燥しやすくなるという方や、せっかく体を洗ってもすぐにかゆくなってしまうという方は、一度ボディタオルを見直してみてはいかがですか?

シャンプーが髪を傷める!? 正しい髪の洗い方とは

シャンプーが髪を傷める!? 正しい髪の洗い方とは

シャンプーが髪を傷める!? 正しい髪の洗い方とは

一度習慣になったシャンプーの方法は、普段なかなか見直さないものです。
しかし、誤ったシャンプー方法が髪を傷める原因になっていることもあります。

髪の健康を保つためにも正しい洗い方を覚えましょう。


洗う前にはブラッシング、予洗を

ついつい面倒になってしまったり、忘れがちなのが髪を洗う前の「ブラッシング」です。
髪を濡らしてしまうと、絡まった髪をほぐすのが難しくなります。
強引に引っ張れば髪を傷める原因になるだけでなく、頭皮もダメージを受けてしまいます。

次に、シャンプーをつけずに髪を洗っていきます。
実は、シャンプーをつけなくてもこの予洗で半分以上の汚れを落とすことができるのです。
あまり熱いと毛穴が開いて必要な皮脂まで落ちてしまう可能性があるため、39度未満のお湯で、じっくりと丁寧に洗うことが大切です。
シャンプーを節約できるだけでなく、泡立ちも良くなるのです。


上を向いて洗うのがポイント!

健康は水分補給から! 上手な水の飲み方

次にシャンプーをつけて髪を洗っていきます。
まず手にシャンプー液をのせしっかりと泡立てるのが大切です。
泡立てることで洗浄力が増すだけでなく、直接肌や髪につけると洗いムラの原因にもなってしまいます。

次に上を向いて髪に馴染ませていきます。
うつむいた状態で髪を洗うと、逆毛の状態で髪を洗うことになり、キューティクルに傷がついてしまいます。
うつむいて髪を洗うのが習慣になっている人は、上を向いて洗うように変えていきましょう。

髪を洗う際、頭皮に爪を立てたり、硬いブラシを使ったりするのもNGです。
頭皮にダメージを与え、かゆみや薄毛の原因になってしまうからです。

優しく丁寧に洗うのが基本で、血行が気になる場合は頭皮をじっくりマッサージするように洗っていきます。

すすぎ、乾燥もしっかりと

シャンプーで髪を洗い終わったら、すすぎをしっかりと行います。
すすぎは3分程度行うのが理想です。
シャンプーのすすぎ残しが肌荒れや髪の汚れの原因になってしまうことがあるからです。

トリートメントを行う際も重要で、高級なものを使っているからとすすぎを惜しんでいると、頭皮に残って髪の毛が生える邪魔をする場合や、雑菌が増える原因になってしまうこともあるのです。

髪が濡れたまま休んでしまうと痛みや癖毛の原因になってしまいます。
シャンプー後はしっかりと乾燥させることも大切です。

コラム

身体に良いシャワー・お風呂の温度は何度?

身体に良いシャワー・お風呂の温度は何度?


夏はさっぱりしたいからぬるめのシャワーを浴びる、反対に冬は寒いから少し熱めの温度が良い、という方が多いのではないでしょうか。

入浴時のお湯の温度にこだわりがある人は少なくありませんが、お肌のためにお湯の温度に気を使っているという方はどのくらいいるでしょう。



「冷え」が原因で免疫力が低下するってホント?

「冷え」が原因で免疫力が低下するってホント?


肌の乾燥に悩む女性の数は多く、中には体質だからとあきらめてしまっている人もいます。

しかし、乾燥肌の原因は間違った体の洗い方にある可能性も。
肌に優しい洗い方に変えることで、お肌に潤いを取り戻すことができるかもしれません。



乾燥肌を悪化させない正しい体の洗い方って?

何を使って洗う? 肌質別おすすめボディタオル


肌の乾燥に悩む女性の数は多く、中には体質だからとあきらめてしまっている人もいます。

しかし、乾燥肌の原因は間違った体の洗い方にある可能性も。肌に優しい洗い方に変えることで、お肌に潤いを取り戻すことができるかもしれません。



何を使って洗う? 肌質別おすすめボディタオル

何を使って洗う? 肌質別おすすめボディタオル


みなさんは、体を洗う際にどんなものを使用していますか?
ボディタオルを使っているという方がほとんどなのではないでしょうか。

中には、泡立てたせっけんやボディソープを使って手のひらで洗っているという方もいるかもしれませんね。
しかし、ひとくちに体を洗う道具といっても種類はさまざまです。



シャンプーが髪を傷める!? 正しい髪の洗い方とは

シャンプーが髪を傷める!? 正しい髪の洗い方とは


一度習慣になったシャンプーの方法は、普段なかなか見直さないものです。
しかし、誤ったシャンプー方法が髪を傷める原因になっていることもあります。

髪の健康を保つためにも正しい洗い方を覚えましょう。



お肌のためにはぬるめのお湯! 目的別オススメ入浴法

お肌のためにはぬるめのお湯! 目的別オススメ入浴法


入浴は、1日の疲れを癒すための大切な時間です。
心地よい温度のお湯にただゆったりと浸かるだけでも十分ですが、お風呂は「入り方」に一工夫するだけでさまざまな効果が期待できるのです。
お湯の温度や量、浸かる時間や入浴剤などに少し気を配るだけで、いつものバスタイムが一味違うものになりますよ。



バスタイムが美人を作る! お肌のための正しい入浴法

バスタイムが美人を作る! お肌のための正しい入浴法


バスタイムは女性の美しいお肌を作るために欠かせない時間です。
1日頑張った体をいたわる、ボディケアの基本ですね。

しかし、私たちが日頃お肌のためによかれと思って行っている入浴法が、実はお肌に負担をかけてしまっていることがあります。




春夏ファッションを楽しむためのボディケア方法

春夏ファッションを楽しむためのボディケア方法


日差しの暖かさが日に日に増してくる今日この頃、春はもうすぐそこまで来ています。
明るく軽やかな春夏のファッションに切り替わるのもそろそろですよね。

ですが、冬の乾燥や空調、寒暖差に耐えてきたお肌はかなりダメージを受けています。



カサカサ乾燥肌にはぬるめのお湯としっとりした入浴剤を

お肌のためにはぬるめのお湯! 目的別オススメ入浴法

お肌のためにはぬるめのお湯! 目的別オススメ入浴法

入浴は、1日の疲れを癒すための大切な時間です。
心地よい温度のお湯にただゆったりと浸かるだけでも十分ですが、お風呂は「入り方」に一工夫するだけでさまざまな効果が期待できるのです。
お湯の温度や量、浸かる時間や入浴剤などに少し気を配るだけで、いつものバスタイムが一味違うものになりますよ。

「肩こりを解消したい時」「乾燥肌が気になる時」など、目的に合わせた入浴法をご紹介します。


つらい肩こりには全身浴+ストレッチ!

長時間のデスクワークなどで肩こりに悩まされている方も多いですよね。
凝り固まった筋肉をほぐすためには、入浴によって血流を促してあげることが大切です。
肩こりを解消するのに効果的なのは、肩までしっかり浸かる全身浴です。
40〜41度のお湯に15〜20分程度、肩まで浸かって温まりましょう。

さらに、お湯に浸かりながらストレッチをするのもオススメです。
肩をすくめる要領で思い切りグッと両肩に力を入れ、一気に力を抜くのを10回繰り返しましょう。

炭酸ガスの入浴剤を使えば、より効果的にコリをほぐすことができますよ。


カサカサ乾燥肌にはぬるめのお湯としっとりした入浴剤を

お肌のためにはぬるめのお湯! 目的別オススメ入浴法

お肌の乾燥が気になる方は、38〜40度程度のぬるめのお湯に10〜15分ほど浸かるようにしましょう。
熱いお湯のほうが発汗効果が期待できるためお肌にとっては効果的だと思うかもしれませんが、熱すぎるお湯はかえってお肌の油分や水分を奪うため、乾燥肌を加速させてしまうのです。

ぬるめのお湯にしっとりとしたスキンケア効果のある入浴剤を加えて浸かります。
お湯でやわらかくなったお肌には入浴剤の保湿成分が浸透しやすくなっているため、お肌をなめらかにうるおった状態へと導くことができます。

手足の冷えにはシャワーで済ませず半身浴!

暖かい季節でも、手足の冷えに悩まされている女性は多いですよね。
体の末端まで温かい血液を巡らせるためには、毎日の入浴をシャワーで済ませずにしっかりと湯船に浸かることが大切です。

その際には半身浴が効果的です。37〜38度のぬるめのお湯に20分ほどかけてゆっくりと浸かり、体を芯からじっくり温めましょう。
半身浴には上半身が冷えやすくなってしまうというデメリットもあります。
冷えた上半身をそのままにしてしまうと、かえって冷えが悪化してしまう可能性も。

上半身にタオルをかけたり、こまめにかけ湯をしたりするなどの注意が必要です。

じっくり眠るためには就寝の1時間前・好きな香りの入浴剤を使って

私たちの体は、入浴によって上がった体温が下がっていくにつれて、自然と眠りにいざなわれるようにできています。
寝つきをよくしたい場合には、眠る1時間前までにお風呂から上がるようにしましょう。

その際も、ぬるめの38〜40度程度のお湯に10〜20分ほど浸かるようにしてください。
好きな香りの入浴剤を使うとより効果的です。
ラベンダーやカモミールなど、リラックス効果の高いアロマオイルを活用するのもオススメです。

忙しい毎日の中では貴重なリラックスタイムである入浴の時間。その時の体の状態や気分に合わせて、さまざまな入浴法を試してみるのもいいですね。
顔から肩がじんわりと温かくなるのを感じるはずですよ。

バスタイムが美人を作る! お肌のための正しい入浴法

バスタイムが美人を作る! お肌のための正しい入浴法

バスタイムが美人を作る! お肌のための正しい入浴法

バスタイムは女性の美しいお肌を作るために欠かせない時間です。
1日頑張った体をいたわる、ボディケアの基本ですね。

しかし、私たちが日頃お肌のためによかれと思って行っている入浴法が、実はお肌に負担をかけてしまっていることがあります。
今回は、美しいお肌のためにおさえておきたい「本当に正しい入浴法」をご紹介します。


正しい入浴法1:入浴前にホットドリンクを飲む

入浴前に水をコップ1杯飲むようにしている、という方は少なくないのではないでしょうか。
水分を摂取し、発汗を促すためには大切なことですが、これを白湯やハーブティなどの温かいドリンクにするだけでさらに効果的になります。

体を内側からも温めることで血液循環をより改善することができます。
体が芯から温まるのでバスルームを出た後も湯冷めしにくくなり、さらに冷たい水を飲むよりも高い発汗効果を望むこともできるのです。


正しい入浴法2:体を洗うのはお湯に浸かる前

「湯船にゆっくり浸かってお肌をやわらかくしてから体を洗う」という方も多いようですが、実はこれはNG!
お湯に浸かってふやけたお肌をボディソープやナイロンタオルで刺激してしまうと、かえって乾燥やかゆみなどの原因になってしまいます。

特に乾燥肌の方は注意が必要です。体を洗うのはお湯に浸かる前にしましょう。
さらに、体はふわふわに泡立てた石鹸やボディソープを使い、手の平ややわらかいガーゼで撫でるように洗いましょう。

正しい入浴法3:お湯の温度は「ぬるめ」で!

お肌のためには、浸かるお湯の温度は「ぬるめ」が原則です。
あまり熱いお湯に浸かってしまうとお肌からうるおいを保つための成分が流れ出し、乾燥肌の原因になってしまいます。
同様の理由であまり長湯するのもお肌にとってはよくありません。

半身浴などで何十分もお風呂に浸かっている、という方もいると思いますが、お肌のためにはお湯の温度も長さも「ほどほど」が効果的です。
39〜40度程度のぬるめのお湯に15分ほど浸かるようにしてくださいね。

正しい入浴法4:お湯の中ではストレッチ・マッサージを

バスタイムが美人を作る! お肌のための正しい入浴法

お湯に浸かっている時間も有効に使いましょう。
代謝や血行をさらにアップさせるために、ストレッチやマッサージを行うのがオススメです。

まずは首をゆっくりと回し、肩周りの筋肉をほぐします。
左右に10回ほど回したら耳の裏を痛気持ちいい程度の力で押しましょう。
耳の裏にはリンパが集まっています。
流れを促すようなイメージで、力を入れすぎないように気をつけながらプッシュします。

さらに、耳の裏から鎖骨に向かって老廃物を押し流すようなイメージで優しく撫で下ろします。
顔から肩がじんわりと温かくなるのを感じるはずですよ。

正しい入浴法5:睡眠時間は削らない! 入浴後1時間以降にベッドへ

「お肌をキレイに保つために、夜遅くなってもお風呂に入らなきゃ」と、睡眠時間を削ってでもお風呂に入るのは実はNG。
美容にとっては入浴よりも睡眠不足のほうが影響が大きいため、睡眠時間を削ってまで長湯をするのは避けましょう。

また、入浴によって上がった体温が下がるまでの1時間程度はなかなか寝付けない状態です。
夜遅くなってしまった時のお風呂は、体をさっと洗ってぬるめのお湯に10分ほど浸かる程度にしておくのがコツです。

睡眠時間の1時間前までに入浴を済ませておけば、体温が下がるのにしたがって自然と眠気が訪れるので、寝つきの悪い方でもよく眠れるようになります。

お風呂は正しく入れば疲れた体を癒し、女性の美しさにさらに磨きをかけてくれるものです。
しっかりとポイントをおさえて、美しいお肌を保ちましょう。

春夏ファッションを楽しむためのボディケア方法

春夏ファッションを楽しむためのボディケア方法

春夏ファッションを楽しむためのボディケア方法

日差しの暖かさが日に日に増してくる今日この頃、春はもうすぐそこまで来ています。
明るく軽やかな春夏のファッションに切り替わるのもそろそろですよね。

ですが、冬の乾燥や空調、寒暖差に耐えてきたお肌はかなりダメージを受けています。
そのため、今の時期はお肌の調子が乱れがちです。
今回は、薄着の季節に備えて行っていきたいボディケアの方法についてお話します。


しっかり湯船に浸かって血行促進

冬の間は厚手の服で隠れていたお肌、「見えないから……」とケアを怠ってはいませんでしたか?
それぞれのパーツのケアをする前に、まずは湯船に浸かって全身を温めます。

保湿ケア効果のある入浴剤などをいれてゆっくりと浸かるのがオススメです。
血行を促進し、冬の空調の影響などで衰えてしまった新陳代謝機能を活性化させましょう。

また、温めることで古い角質や乾燥で硬くなってしまった皮膚をやわらかくし、その後のケアが行いやすくなります。


首・デコルテは顔と一緒に

首の皮膚は薄く、摩擦などのダメージに弱いパーツです。
マフラーやタートルネックなどの繊維の刺激でダメージを受け、ターンオーバーが乱れてしまっているかもしれません。
ブツブツやざらつきを感じた方は要注意です。

フェイス用のクレンジングで優しく洗って角質を落とし、入浴後は顔と一緒に化粧水や美容液などでケアしてあげるようにしましょう。

ひじ・膝はマッサージしながら角質ケアを

ひじや膝は、汚れや古い角質で暗くくすんでしまいやすいパーツです。
黒ずんだひじや膝では、スカートや半袖を着るのがためらわれますよね。

また、乾燥によって皮膚が硬くなり、ごわついてしまっている方もいるかもしれません。
湯船に浸かって皮膚をやわらかくしたら、角質ケアアイテムを使って優しくマッサージしてあげてください。
入浴後は保湿力の高いボディクリームで乾燥を防ぐようにしてください。

膝下・すねは保湿を徹底

膝下やすねは皮脂腺が少なく、潤いを保ちづらいパーツです。
タイツや長ズボンの下で、乾燥による粉ふきや表面のひび割れに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

重要なのはとにかく保湿をすることです。
入浴後はすぐにボディクリームを塗ってあげるようにしましょう。
乾燥が激しい方は、オイルやバーム等の保湿力に優れたアイテムをさらに重ねるのもオススメです。

眠る際は、レッグウォーマーなどを着用して温めてあげるのも良いですね。

かかとはボディ用スクラブで

春夏ファッションを楽しむためのボディケア方法

かかとには皮脂腺がなく、新陳代謝機能が滞りやすいパーツです。
そのため、角質で硬くなったり、乾燥でひび割れたりしてしまいます。割れたかかとでは、サンダルやパンプスを心から楽しむことが出来ませんよね。
肌の状態や好みに合ったボディ用スクラブを使って角質のケアを行ってあげてください。
やわらかくなった状態で天然塩を使い、優しくマッサージするのもオススメです。

これからの季節は、どんどん肌の露出が増えてきます。
今の時期から全身のお肌のケアをはじめ、肌再生のリズムを整えて万全の体制で春を迎えられるようにしましょう。

毎日の入浴後のケアに加え、夜更かしや空調などの肌に悪い影響を与える習慣もしっかり見直すようにしてくださいね。