身体に良いシャワー・お風呂の温度は何度?

身体に良いシャワー・お風呂の温度は何度?

身体に良いシャワー・お風呂の温度は何度?

夏はさっぱりしたいからぬるめのシャワーを浴びる、反対に冬は寒いから少し熱めの温度が良い、という方が多いのではないでしょうか。

入浴時のお湯の温度にこだわりがある人は少なくありませんが、お肌のためにお湯の温度に気を使っているという方はどのくらいいるでしょう。
今回は、お湯の温度が変わることで体にはどのような影響が与えられるのか、その違いをご紹介いたします。




36度程度のぬるめのお湯の場合

夏の暑い日には、体温と同じくらいかそれよりも低めの温度設定にしている、という方も多いでしょう。
人肌程度の温かさは、体にとってとても良い温度だと言われています。
皮脂を洗い流しすぎない温度なので、乾燥肌対策にも効果的です。

熱いお湯で必要な皮脂まで洗い流してしまうことで一気に乾燥が進み、かゆみや炎症の原因になってしまうことも珍しくありません。
しかし、皮脂を洗い流しすぎないという点で肌にやさしい温度ではありますが、洗髪などには少し温度が低すぎます。

低い温度では頭皮の汚れを落としきれずに、べたつきが残ってしまうことがあるのです。


推奨されている38度から40度のお湯は?

一般的に、シャワー・入浴どちらも38度から40度程度の温度のお湯を使うことが推奨されています。
熱すぎずぬるすぎないこの温度は、体を効率的に温めて心地よさを与えてくれます。

体温よりも少し高めの温度だと、必要な皮脂は残しつつ頭皮などの汚れはしっかり取り除いてくれるので、頭を洗うのには最適だと言えるでしょう。
冬になるとこの温度では物足りなさを感じるかもしれませんが、少しぬるめのお風呂に首までつかることで、体全体を温めてあげることができます。

40度以上の少し熱めのお湯は?

乾燥肌なら毎日石鹸で洗わない部分を作ることも大切

冬場は40度から42度ほどのお湯が気持ちいい、と感じる人も少なくありません。
確かにこのくらいの温度のお湯だと、すぐに体が温まるので気持ち良さも感じます。

しかし温まっているのは体の表面だけで、体の内側までは温まりきっていません。
洗髪には熱めのお湯が効果的だと40度前後のお湯が推奨される場合もあるようです。
汚れを一気に落として毛穴をすっきりさせるという効果があるようですが、頭皮の乾燥を招き過剰な皮脂の分泌につながってしまう恐れの方が多くなるため注意が必要です。

いかがでしたか?
お風呂やシャワーの温度の違いで、身体にどのような変化があるのかをご紹介いたしました。
熱すぎるお湯で必要な皮脂まで洗い流してしまうと肌のバリア機能が衰え、かゆみや炎症などのトラブルを起こしやすい肌質になってしまうこともあります。

熱すぎず、冷たすぎないちょうどよい温度で体をいたわってあげてくださいね。

コラム

ページトップへ