春夏ファッションを楽しむためのボディケア方法

春夏ファッションを楽しむためのボディケア方法

春夏ファッションを楽しむためのボディケア方法

日差しの暖かさが日に日に増してくる今日この頃、春はもうすぐそこまで来ています。
明るく軽やかな春夏のファッションに切り替わるのもそろそろですよね。

ですが、冬の乾燥や空調、寒暖差に耐えてきたお肌はかなりダメージを受けています。
そのため、今の時期はお肌の調子が乱れがちです。
今回は、薄着の季節に備えて行っていきたいボディケアの方法についてお話します。


しっかり湯船に浸かって血行促進

冬の間は厚手の服で隠れていたお肌、「見えないから……」とケアを怠ってはいませんでしたか?
それぞれのパーツのケアをする前に、まずは湯船に浸かって全身を温めます。

保湿ケア効果のある入浴剤などをいれてゆっくりと浸かるのがオススメです。
血行を促進し、冬の空調の影響などで衰えてしまった新陳代謝機能を活性化させましょう。

また、温めることで古い角質や乾燥で硬くなってしまった皮膚をやわらかくし、その後のケアが行いやすくなります。


首・デコルテは顔と一緒に

首の皮膚は薄く、摩擦などのダメージに弱いパーツです。
マフラーやタートルネックなどの繊維の刺激でダメージを受け、ターンオーバーが乱れてしまっているかもしれません。
ブツブツやざらつきを感じた方は要注意です。

フェイス用のクレンジングで優しく洗って角質を落とし、入浴後は顔と一緒に化粧水や美容液などでケアしてあげるようにしましょう。

ひじ・膝はマッサージしながら角質ケアを

ひじや膝は、汚れや古い角質で暗くくすんでしまいやすいパーツです。
黒ずんだひじや膝では、スカートや半袖を着るのがためらわれますよね。

また、乾燥によって皮膚が硬くなり、ごわついてしまっている方もいるかもしれません。
湯船に浸かって皮膚をやわらかくしたら、角質ケアアイテムを使って優しくマッサージしてあげてください。
入浴後は保湿力の高いボディクリームで乾燥を防ぐようにしてください。

膝下・すねは保湿を徹底

膝下やすねは皮脂腺が少なく、潤いを保ちづらいパーツです。
タイツや長ズボンの下で、乾燥による粉ふきや表面のひび割れに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

重要なのはとにかく保湿をすることです。
入浴後はすぐにボディクリームを塗ってあげるようにしましょう。
乾燥が激しい方は、オイルやバーム等の保湿力に優れたアイテムをさらに重ねるのもオススメです。

眠る際は、レッグウォーマーなどを着用して温めてあげるのも良いですね。

かかとはボディ用スクラブで

春夏ファッションを楽しむためのボディケア方法

かかとには皮脂腺がなく、新陳代謝機能が滞りやすいパーツです。
そのため、角質で硬くなったり、乾燥でひび割れたりしてしまいます。割れたかかとでは、サンダルやパンプスを心から楽しむことが出来ませんよね。
肌の状態や好みに合ったボディ用スクラブを使って角質のケアを行ってあげてください。
やわらかくなった状態で天然塩を使い、優しくマッサージするのもオススメです。

これからの季節は、どんどん肌の露出が増えてきます。
今の時期から全身のお肌のケアをはじめ、肌再生のリズムを整えて万全の体制で春を迎えられるようにしましょう。

毎日の入浴後のケアに加え、夜更かしや空調などの肌に悪い影響を与える習慣もしっかり見直すようにしてくださいね。

コラム