コラム

髪も日焼けする!? 紫外線による影響&夏に行うべきヘアケア方法

  • home
  • コラム一覧
  • 髪も日焼けする!? 紫外線による影響&夏に行うべきヘアケア方法

髪も日焼けする!?
紫外線による影響&夏に行うべきヘアケア方法

身体に良いシャワー・お風呂の温度は何度?

まぶしい太陽から降り注がれる紫外線。とくに夏は強さが増し、日焼けやシミの原因になることで有名ですが、実は紫外線は肌だけでなく髪にも影響を及ぼします。
枝毛や切れ毛、パサつきなどに悩んでいるという方は、もしかすると知らず知らずのうちに浴びている紫外線が原因になっているかもしれません。
美しい髪をキープするためにも、紫外線が髪に与えるダメージや正しいヘアケア方法についてチェックしてみましょう。

髪が日焼けする!?紫外線が髪に与えるダメージとは

「夏になると髪が傷んでパサつく気がする」
「カラーをしていないのに、冬よりも髪が赤茶色になった……」
これらの髪のトラブルはさまざまな要因が絡み合っているものですが、中でも紫外線は大きな原因になっていると考えられます。

頭部は体の中でも一番太陽に近く、肌に比べて日焼け対策を怠りがちな部分であるために紫外線を多く浴びてしまうもの。紫外線は髪の内部にあるアミノ酸を酸化させ、髪にダメージを与えます。また、アミノ酸とタンパク質が結び合ってできているシスティン結合という構造を分解させるため、髪の強度が落ちて傷みやすくなってしまうのです。

さらに、紫外線は髪の表面に存在して髪を保護するキューティクルを剥がす働きがあるため、枝毛や切れ毛などのトラブルも引き起こします。
髪の手触りやまとまり感がダウンすることはもちろん、髪の傷みが一目でわかってしまうために、外見にも大きな影響を与えるといえるでしょう。

これに加え、紫外線は髪の退色の原因になることがあります。
紫外線を浴びると、髪の内部にあるメラニン色素が破壊されるため、日本人に多い黒髪の色が退色して赤茶色のような色になっていきます。とくに日頃からヘアカラーリングをしていている方は、紫外線による髪の退色が起こりやすいため注意が必要です。

6度程度のぬるめのお湯の場合

夏の紫外線から髪を守る! 正しいヘアケア方法

・帽子や日傘で紫外線から髪を守る

手軽にすぐ取り入れられるのが、帽子や日傘などのアイテムを使って紫外線から髪を守るという方法です。外出時には帽子や日傘を常に身に着けておけば、髪だけでなく頭皮への紫外線もカットすることができます。
帽子は、ツバが広く通気性がよいものを選ぶと夏でも快適に使用できます。日傘とセットで使用し、しっかりと紫外線を防ぎましょう。

・髪用日焼け止めやUVカットのスタイリング剤を使用する

近年では髪専用の日焼け止めや、UVカット効果のあるスタイリング剤が販売されています。
外出時にはこれらのアイテムをサッと使用することで、髪へのダメージを軽減が期待できます。とくに、海水浴やプールなどのレジャーシーンでは髪へのダメージが高まるもの。
肌に日焼け止めを使用するように、髪の日焼け止めやUVカットのスタイリング剤も取り入れることをおすすめします。

・アミノ酸系シャンプー&コンディショナーでやさしくヘアケアをする

いくら万全に紫外線対策をしているつもりでも、夏は多少のダメージを受けてしまうものです。紫外線による髪へのダメージを防ぐためには、紫外線をカットする対策に加えて髪を保護するヘアケアを取り入れましょう。
とくに、紫外線によって分解されてしまうアミノ酸とタンパク質を補うことはとても重要です。やさしい洗浄力のシャンプーと、髪をしっとり保湿するコンディショナーを使って、傷んで弱っている髪をやさしくケアしましょう。

40度以上の少し熱めのお湯は?

髪は、顔や腕などのパーツに比べて約2~5倍の紫外線ダメージを受けているといわれています。美しい髪をキープするためには、紫外線対策が必須なのです。
本格的な夏が到来する前に日頃のヘアケアを見直して、紫外線ダメージに対抗していきましょう。

毎日洗いながらヘアケアできるオススメの商品 詳しくはこちら

ページトップへ