コラム

【入浴剤の種類】それぞれの目的や効果の違いって?

  • home
  • コラム一覧
  • 【入浴剤の種類】それぞれの目的や効果の違いって?

【入浴剤の種類】それぞれの目的や効果の違いって?

【入浴剤の種類】それぞれの目的や効果の違いって?

入浴剤には液体タイプやバスソルトなど、さまざまな種類の製品があります。
実は、入浴剤のタイプによって目的や効果が違うのをご存知でしょうか?
今回は入浴剤の種類や、それぞれの目的・効果についてご紹介します。

入浴剤の種類にはどのようなものがある?

入浴剤にはさまざまな種類がありますが、代表的なものは次の5タイプです。

ミルク系

白くとろりとしたお湯に変化するミルク系の入浴剤は、保湿成分が配合されているのが特徴です。
粉末タイプのほか、液体タイプのミルク系入浴剤も人気があります。

塩系

ミネラルを豊富に配合した塩系の入浴剤は、湯船に入れると温泉水のようなお湯に変わるため、自宅で温泉気分が味わえます。
ミネラル成分が温浴効果を高めてくれるので、血流促進効果が高いといわれています。

炭酸系

シュワシュワとした炭酸ガスが発生する炭酸系の入浴剤は、炭酸ガスが温浴効果を高めるので、短時間の入浴でも湯上りのポカポカとした温かさが続きます。

酵素系

酵素系の入浴剤は皮脂のタンパク汚れを分解する「酵素」肌が配合されている入浴剤です。
余分な角質を除去する、いわば「ピーリング効果」があるので、肌をなめらかにする効果が期待できます。

生薬系

生薬系の入浴剤には生薬が配合されており、生薬の成分によって効果が変わるのが特徴です。
さらに、ハーブの香りでリラックス効果が高いともいわれています。

入浴剤の種類別・目的や効果を知ろう

入浴剤は目的に応じて選ぶことでより良い効果を得ることができます。
それぞれのおすすめの使い方や効果を知っておきましょう。

ミルク系

ミルク系入浴剤には保湿成分が配合されています。
そのため秋冬の乾燥が気になる時期や、乾燥肌の人におすすめです。
肌のすみずみまで保湿成分が行き渡り、しっとり保ってくれます。

塩系

ミネラルを豊富に含む塩系の入浴剤は温浴・発汗効果が高いため、冷えを改善したい人や、汗をかいてデトックスしたいという人におすすめです。
また、血行促進によって肩こりや腰痛・疲労の回復にも効果を発揮しますよ。

炭酸系

炭酸系入浴剤は炭酸ガスが血管を拡張するため、冷え対策や肩こり、疲労の回復などに効果があります。
また、入浴する時間があまりないときでも、炭酸ガスが素早く体の芯を温めてくれますので、忙しい人にもおすすめです。

酵素系

酵素系の入浴剤は、美しい肌を目指している人や肌のざらつきやくすみが気になるときにおすすめです。
酵素系の入浴剤を入れたお湯に10分~15分ほど浸かれば、余分な角質や汚れなどを分解して、お肌をつるつるに仕上げてくれます。

生薬系

生薬系の入浴剤は、生薬の持つさまざまな効果を感じられます。
例えば「ユーカリ」が配合された入浴剤は、 のどや鼻の調子を整えてくれるため、咳がひどいときにぴったりです。
その他には「地黄」や「ショウガ」、ストレスを和らげる「ラベンダー」などが人気です。

入浴剤は、目的や肌の状態に合わせて選ぼう!

入浴剤は、目的や肌の状態に合わせて選ぼう!

秋が深まってくるこれからの季節は、気温と湿度が下がるため、体の冷えや肌の乾燥が気になるという人も多いでしょう。
そんなときはクリームタイプのミルク入浴剤がおすすめです。お湯にサッと溶け、保湿しながら体全体を温めることができますよ。

色々なタイプの入浴剤を用意しておくと、選ぶ楽しみも生まれます。
目的や体の症状、肌の状態などに合わせて入浴剤をチョイスしてみましょう。

「ボディクリーム」「ボディミルク」「ボディジェル」の違いとは?

  • home
  • コラム一覧
  • 「ボディクリーム」「ボディミルク」「ボディジェル」の違いとは?

「ボディクリーム」「ボディミルク」「ボディジェル」の違いとは?

「ボディクリーム」「ボディミルク」「ボディジェル」の違いとは?

ボディの保湿に欠かせない“ボディケアコスメ”には、「ボディクリーム」「ボディミルク」「ボディジェル」などさまざまなものがあります。
これら3種類のアイテムには、どのような違いがあるのでしょうか?
今回はテクスチャーの異なる3つのアイテムを、どのように使い分ければよいのかご紹介します。

ボディクリーム、ボディミルク、ボディジェルの違いは?

ボディケアコスメにはボディクリームやボディミルク、ボディジェルなどさまざまな種類があります。
これらの大きな違いは「油分と水分量の配合」です。
例えばボディクリームはシアバターやアボカドオイルなどの油分が多めに配合されていて、水分の蒸発を防いでくれる効果が高くなっています。
さらっとした質感のボディミルクやボディジェルの場合は水分量が多く、油分はボディクリームに比べると少なめです。
それぞれテクスチャーや使用感が異なるため、使い分けるとよいでしょう。

ボディクリーム・ボディミルク・ボディジェルの特徴は?

ボディクリームとボディミルク、ボディジェルの3つのボディケアコスメには、それぞれどのような特徴があるのでしょうか?
おすすめの使用季節や肌タイプについても知っておきましょう。

ボディクリームの特徴

ボディクリームは油分が多めでこっくりとしたテクスチャーが特徴のアイテム。
そのため、湿度が低く乾燥しやすい秋冬や、乾燥肌の人におすすめです。
ボディクリームは肌の水分を逃がさないよう油分でフタをする効果が特に高いので、お風呂上りにひじや膝、かかとなどの皮膚が厚くゴワつきやすい部分に塗り込むと、しっとりふっくらと仕上げてくれます。

ボディミルクの特徴

ボディミルクはボディ用の乳液ともいえるアイテムで、ボディクリームに比べると油分が少なめでとろりとしたテクスチャーです。
そのため、さっぱりと保湿したい夏場はもちろん、ベタつきが苦手な人にもおすすめですよ。
また、乾燥がそこまでひどくない人であれば、秋冬の保湿はボディミルクだけでも大丈夫でしょう。
ボディミルクは水分が多く配合されているため、肌へ素早く浸透していき、しっとりと仕上げてくれます。
また、「肌に広げやすく塗りやすい」という特徴もあるので、背中や胸を保湿したいときにも便利です。

ボディジェルの特徴

ボディジェルは、ボディクリームやボディミルクよりもさらっとしているジェル状の保湿アイテムです。
腕や脚、胸や背中などの広い範囲にも塗りやすく、ベタつきにくいので年間を通じて使いやすいという特徴があります。
肌に塗ってから浸透するまでが早いので、すぐに服が着られるのもうれしいポイントです。

クリームタイプに比べると油分が控えめに作られているものが多いので、乾燥しやすい秋冬に使用する場合は「ヒアルロン酸」や「ゴートミルク」などの保湿成分がたっぷり配合されたものを選ぶのがポイントですよ。
お風呂上りや乾燥が気になるときに塗ると、水分をたっぷり含んだジェルがすーっと馴染み、うるおいに満ちたみずみずしい肌に仕上げてくれます。

ボディクリーム等のボディケアコスメは、目的に合わせて選ぼう!

ボディクリーム等のボディケアコスメは、目的に合わせて選ぼう!

女性の肌はデリケートなので、季節やホルモンバランスの変化、ストレスや食生活の乱れなどによっても肌のコンディションが変化しやすいもの。
その時々の肌をよく観察し、乾燥具合や状態に合わせてボディケアコスメを選ぶことで、常に美しい肌を保つことができますよ。
色々と試してみて、自分好みのボディケアコスメを見つけましょう!

背中ニキビのケア方法って? お風呂のアレが重要だった!?

  • home
  • コラム一覧
  • 背中ニキビのケア方法って? お風呂のアレが重要だった!?

背中ニキビのケア方法って? お風呂のアレが重要だった!?

背中ニキビのケア方法って? お風呂のアレが重要だった!?

かゆみや痛みを伴うイヤな「背中ニキビ」に悩んでいる人は案外多いもの。
そんな背中ニキビの発生原因の1つに「シャンプーやコンディショナーのすすぎ残し」があるのをご存知でしょうか?
今回は「シャンプーなどのすすぎ残し」と背中ニキビの関係を解説するとともに、背中ニキビをできにくくするケア方法についてもご紹介します!

憎き背中ニキビ! その原因は“すすぎ残し”?

ニキビは細菌や真菌といった菌の繁殖によって発生しますが、菌のエサとなる汗や皮脂などの汚れが背中に残っていると、毛穴が詰まって菌が増殖し、背中ニキビとなってしまいます。
背中は皮脂の分泌が多い場所であることに加えて、手が届きにくい場所でもあります。そのため洗い残しがあると、そこで菌が繁殖してニキビができてしまうのです。

また、「しっかり背中を洗っていても背中ニキビができてしまう!」という人は、体を洗う順番を見直してみたほうがいいかもしれません。
実は、体を洗ったあとにシャンプーやコンディショナーを使い、洗い流しが不十分だとシャンプーなどの成分が背中に残って皮膚を刺激し、背中ニキビの発生を招いてしまうことがあるのです。
背中ニキビの発生を防ぎ、改善するためには、ニキビの発生原因や対策方法をしっかりと知っておきましょう。

背中ニキビ予防のために、普段からできるケア方法を知ろう!

背中ニキビは皮脂や汗などの汚れが残っていたり、シャンプーやコンディショナー、石鹸などの成分が流しきれていなかったりするときに発生しやすくなります。
背中ニキビに悩んでいる人は、以下のようなケアを試してみましょう。

シャンプー・コンディショナーの後に体を洗う

せっかくきれいに背中を洗っても、後からシャンプーやコンディショナーを使ってしまうのは避けたほうがよいでしょう。
その理由は、しっかりとすすいだと思っていても、背骨周辺は凸凹が多くすすぎ残しが発生しやすいからです。
シャンプーやコンディショナーは最初におこない、そのあとで体を洗うようにするとシャンプーやコンディショナーの成分をしっかりと落とすことができます。
ただしこのとき、背中をゴシゴシとこするのは皮膚に強い刺激を与え、ニキビを誘発する原因になってしまうのでNGです。
あくまでもやさしく、力を入れずに滑らすような気持ちで洗い上げていきましょう。
体を洗ったあとは、すすぎ残しがないようにシャワーでしっかりとすすいでくださいね。

ボディシャンプーや石鹸を変えてみる

「正しい手順で背中を洗っているのに、ニキビができてしまう……」という人は、もしかしたらボディシャンプーなどの洗浄料が肌に合っていないのかもしれません。
洗浄成分が強い製品の場合、洗い上がりはさっぱりしますが、肌がつっぱったり乾燥しやすくなってしまったりすることも。
洗浄料を選ぶ際は、ニキビ用として売られている殺菌作用があるものがよいでしょう。
敏感肌の人や乾燥肌の人は、ゴートミルクやシアバターなどの保湿成分が入っているものがおすすめです。
汚れをしっかりと落としながら保湿してくれるので、ニキビトラブルの原因の1つである乾燥から肌を守ってくれますよ。

背中ニキビにさよなら! 正しいケアでつるつるの背中を目指そう!

背中ニキビにさよなら! 正しいケアでつるつるの背中を目指そう!

背中ニキビができてしまうと、かゆみや痛みなどの不快な症状が起きるだけではなく、「背中が開いた服が着られない!」といった悩みを抱いてしまう場合も少なくありません。
今回の記事を参考にして「背中ニキビができにくい生活」を心掛けてみてくださいね。

日焼けしたあとが重要! 肌にやさしいボディケア方法とは?

  • home
  • コラム一覧
  • 日焼けしたあとが重要! 肌にやさしいボディケア方法とは?

日焼けしたあとが重要! 肌にやさしいボディケア方法とは?

日焼けしたあとが重要! 肌にやさしいボディケア方法とは?

日焼けした肌は紫外線によってダメージを受けており、軽いやけどをしたときと同じ状態だといわれています。
そのため、間違ったボディケアをしてしまうと悪化してしまい、さまざまなトラブルに発展することも……。
日焼け後の肌の状態を悪化させないためには、ていねいなボディケアを心掛けることが大切です。
今回は、日焼けしたあとの肌をやさしく労わるボディケア方法をご紹介します。

日焼けしたあとの肌は軽いやけど状態!?

肌は紫外線を浴び続けることで日焼けを起こします。
日焼け後の肌は軽い炎症を起こしている状態で、軽いやけどをしたときと同じぐらいのダメージを受けているのです。
日焼けの症状には個人差がありますが、おもに「赤み」「痛み」「ほてり」といった症状が出るほか、長時間強い日差しを浴びた場合は水ぶくれを起こすこともあります。
また、赤みやほてりなどが引いたあとの皮膚は、内部の細胞が紫外線によって破壊され、弾力を失うためシワやたるみなどを引き起こしやすくなります。
さらに、紫外線を浴びることによってメラニン色素が増加し、くすみや黒ずみ・シミなどの原因となってしまうのです。

日焼けしたあとの“肌を労わるボディケア方法”とは?

日焼けしたあとの“肌を労わるボディケア方法”とは?

日焼けの仕方には個人差がありますが、特に肌が弱い人(日焼けすると赤くなりやすい人)の場合は、日焼けによるダメージが深刻化しやすい傾向にあります。
日頃から日焼け防止対策を徹底するとともに、次のような日焼け後のボディケアをていねいにおこないましょう。

1.肌を冷やす

日焼けをしたあとの炎症を起こしている肌を冷やすことで、炎症が悪化するのを食い止めることができます。
流水や濡れタオル、氷や保冷剤などで冷やすほか、冷やしたミスト化粧水をスプレーするのも有効です。
氷や保冷剤を使用する際はタオルで包み、そっと乗せるようにして冷やしましょう。
肌に余計な刺激を与えないように注意して、ほてりが治まるまでしっかり冷やせばOKです。

2.やさしく洗浄する

日焼けをしたあとの肌にとって、摩擦によるダメージは大きな負担となってしまいます。
そのため、お風呂で体を洗う際にボディタオルやスポンジなどでゴシゴシこするのはNGです。
ボディシャンプーをバスリリーなどでしっかりと泡立て、手のひらに乗せたら泡の弾力で押すようにしてやさしく洗っていきましょう。また、泡立てるのが苦手な方や忙しい方には、泡タイプのフォームボディシャンプーもおすすめですよ。
ボディシャンプーは保湿効果の高い成分が配合されたものを選ぶと、日焼け後の肌をやさしく保湿できるので意識して選んでみましょう。

3.ていねいに保湿する

日焼けしたあとの肌は、細胞内の水分が蒸発し、カラカラに乾燥している状態です。
そのため、赤みやほてりが落ち着いてきたタイミングでていねいに保湿をおこない、肌のダメージ回復の手助けをしてあげることが大切です。
化粧水をやさしくていねいになじませたら、ボディクリームなどの油分で水分が逃げないようにフタをして仕上げましょう。
乾燥が気になる部分には、何回か化粧水をなじませてからクリームを塗るとしっとりと仕上がりますよ。

日焼けしたあとはアフターケアが肝心!

日焼けを防ぐためには日頃からUV対策をおこなうことが大切ですが、うっかり日焼けをしてしまったあとでも、適切なボディケアをおこなえば肌へのダメージを最小限に抑えることができます。
「冷やす」「やさしく洗う」「たっぷり保湿する」という3つのポイントを意識してスキンケアを続けてみましょう。

ボディパウダーの使い方をマスターして、女子力をUPさせよう!

  • home
  • コラム一覧
  • ボディパウダーの使い方をマスターして、女子力をUPさせよう!

ボディパウダーの使い方をマスターして、女子力をUPさせよう!

髪の自然乾燥は夏場でもNG? 美髪を保つ正しいアウトバスのヘアケア方法

ボディパウダーは、ドレスアップしたときにデコルテなどの肌をキラキラさせるためのもの、と思っていませんか?
実は、ボディパウダーを毎日のケアアイテムとして活用すれば、さわやかな香りとともに1日中サラサラ快適な肌を保つことができます。 ワンランク上の肌質を得られる、ボディパウダーの使い方について紹介します。

ボディパウダーってどんな時に使うの?

入浴後のボディパウダーでサラサラ肌に

入浴後すぐにボディパウダーを塗ることで、夏の暑い時期でも肌のサラサラ感を持続させることができます。
ジワジワと汗をかきやすい、脇の下、胸元、太ももなどを中心に、身体全体にボディパウダーを塗れば、寝苦しい夜でもベトベト感が抑えられ、さわやかな良質な眠りにつくことができるでしょう。

お出かけ前にボディパウダーでワンランク上の肌質に

外出時、服を着替える前に、肌が露出するデコルテや腕、脚にボディパウダーを塗れば、簡単に肌質をUPさせることができます。
ボディパウダーには、シミやくすみ、毛穴や黒ずみをカバーする効果があり、透明感のある肌に見せてくれるのです。
また、デコルテに塗ることでファンデーションを塗った顔のトーンと首色との差を自然になじませてくれる効果もあります。
さらに、夏場の汗で顔まわりや首筋に髪の毛が張り付いてしまうのも、ボディパウダーで解消することもできますよ。

また、ボディパウダーの多くは香りにこだわった商品が多く、キツすぎないナチュラルな香りを装うことができます。
香水が苦手な方でもボディパウダーなら、さりげなく女子力をUPさせることができそうですね。

足の蒸れが気になるときにも

長時間、ストッキングでパンプスを履くときや、冬にブーツを履くときなど、足の蒸れが気なるときにも、ボディパウダーが役立ちます。
足の裏にボディパウダーを塗ることで、ストッキングが履きやすくなり、足の蒸れも防いでくれるので、サラサラの状態を保ちやすくなりニオイ防止に繋がります。

汗をかいた後にも

スポーツなどで汗をかいた後や、シャワーを浴びられないときなど、汗を拭きとったあとにボディパウダーをつけると、ベタついた肌がサラサラになりリフレッシュできます。
汗によるニオイも気にならなくなるので、さわやか肌を簡単に取り戻せます。 仕事帰りのデートの際にも、心強い味方となることでしょう。

ボディパウダーの使い方

ボディパウダーの使い方

ボディパウダーが飛び散ることなく、きれいに塗るための使い方を紹介します。

パフに適量のボディパウダーを取ります。
パフを谷折りにし、よく揉みこんでボディパウダーをパフになじませます。
余分なパウダーを容器の中に落とします。
肌の上にパフをやさしく滑らせ、パウダーを塗ります。
手のひら全体を使って、パウダーがむらなく行きわたるようになじませます。

「レイヴィー フレグランス ボディ&フェイスパウダー」には、保湿成分のほか「天然シルクパウダー」が入っており、透明度の高い肌質に見せてくれます。
さらに、メイクの後のフィニッシュパウダーとして顔にも使えるので、使い勝手もとてもGood! ぜひ試してみて下さいね。

髪の自然乾燥は夏場でもNG? 美髪を保つ正しいアウトバスのヘアケア方法

  • home
  • コラム一覧
  • 髪の自然乾燥は夏場でもNG? 美髪を保つ正しいアウトバスのヘアケア方法

髪の自然乾燥は夏場でもNG? 美髪を保つ正しいアウトバスのヘアケア方法

髪の自然乾燥は夏場でもNG? 美髪を保つ正しいアウトバスのヘアケア方法

夏の暑い時期でも、きちんと髪をドライヤーで乾かしていますか?
夏場はドライヤーの熱風が不快だし、乾かしているうちに汗が出るのがイヤだからと、自然乾燥にしている方も多いのではないでしょうか?
しかし、自然乾燥は髪や頭皮にダメージを与え、髪を痛めてしまいます。
自然乾燥がどんなトラブルを引き起こすのか、美髪を保つためのヘアケア法とあわせてご紹介いたします。

髪の自然乾燥がNGな理由とは?

自然乾燥は、紫外線や摩擦の影響を受けやすい

濡れた髪は、頭皮の皮脂が髪に十分に行きわたっておらず、キューティクルが開いています。
いわば、ダメージを受けやすい状態で紫外線を浴びることになるので、髪や頭皮が劣化しやすく、抜け毛や白髪を招きやすくなります。
また、室内でエアコンや扇風機の風を浴びての自然乾燥も、キューティクルが開いたままの状態が長く続くため、髪や頭皮から水分が失われやすくなり、乾燥に繋がってしまいます。

夏の自然乾燥はニオイの原因にも

夏の時期に頭皮が匂うと感じたことはありませんか? 頭皮のニオイは汗によるものだと考えがちですが、実は頭皮の汗は無臭です。
ニオイの原因となるのは汗ではなく「皮膚常在菌」が大量に発生すること。
頭皮が濡れている状態が長くなると皮膚常在菌が増え、気になるニオイが発生しやすくなるのです。

美しい髪を保つためのアウトバスのヘアケア法とは?

美しい髪を保つためのアウトバスのヘアケア法とは

髪のキューティクルを守るため、シャンプーは1日1回まで

過度なシャンプーは髪や頭皮を痛めてしまいます。
汗をかく時期でも、できるだけシャンプーは1日1回におさえ、キューティクルをはがさないよう、やさしく丁寧に行いましょう。

ドライヤーで正しく乾かすことで、髪にツヤが!

髪を乾かすときは、タオルドライでしっかり頭皮の水分を拭き取ったあと、髪の根本から毛先に向かってドライヤーの風をあてましょう。
ドライヤーは髪から10cm以上離し、乾きにくい耳の後ろから行うと効果的です。
ドライヤーの温風で8割がた乾かし、その後は冷風に切り替えることで、キューティクルが整っていき髪にツヤが出てくると言われています。
髪が特にダメージを受けている場合は、洗い流さないトリートメントを髪全体に行きわたらせてから、ドライヤーをあてることをおすすめします。

美しい髪を保つためには、夏場でもキューティクルを守ることを意識したヘアケアが必要不可欠です。
特に、「皮膚常在菌」が増殖しやすい環境を考慮し、正しいアウトバスのヘアケアをこころがけましょう。

癒しのアロマ……「ラベンダーオイル」に期待できる美容効果とは?

  • home
  • コラム一覧
  • 癒しのアロマ……「ラベンダーオイル」に期待できる美容効果とは?

癒しのアロマ……「ラベンダーオイル」に期待できる美容効果とは?

癒しのアロマ……「ラベンダーオイル」に期待できる美容効果とは?

「アロマテラピー」の定番として有名なラベンダーは、優しい香りが特徴的なハーブです。
そのラベンダーを使ったラベンダーオイルは、肌にも嬉しい効果が期待できるのをご存知でしょうか?
ここでは、ラベンダーオイルを使うことで期待できる美容効果をご紹介します。

ラベンダーオイルの魅力とは?

ラベンダーは薄い紫色の花をつけるシソ科の植物で、やさしく爽やかな香りが特徴のハーブです。
ラベンダーの香りには緊張をほぐす効果があるため、「安眠」「リラックス」「癒し」のアロマとしても知られています。
また、ラベンダーは優れた抗菌性・消炎性・かゆみ止め効果を持つといわれています。
そのため、ラベンダーを加工した「ラベンダーオイル」は化粧品や虫よけスプレーなどさまざまなものに利用されているのです。

ラベンダーオイルの美容効果&スキンケアへの取り入れ方

ラベンダーオイルは香りを楽しむだけはなく、美容にも良い効果が期待できるといわれています。
使用の際は精油のままだと肌に刺激が生じるおそれがありますので、必ずキャリアオイルや化粧水・お湯などと合わせ、薄めてから使用してください。
具体的な使い方や美容効果は次のとおりです。

肌荒れを予防する

ラベンダーには消炎・抗菌作用があるといわれており、スキンケアに取り入れることで肌荒れ予防効果が期待できるといわれています。
手持ちの化粧水100mlに対し、ラベンダーオイルを5~10滴ほど落としてから良く混ぜて使用しましょう。
顔や体などにたっぷりなじませれば、ラベンダーの良い香りとともに肌の調子をふっくらと整えてくれますよ。

アロマバスで全身の血行アップ

ラベンダーオイルは半身浴にもおすすめです。
ぬるめのお湯を張った湯船に、ラベンダーオイルを3~5滴垂らして入浴すれば、うっとりするようなバスタイムを過ごすことができます。
全身の血行が良くなると肌の新陳代謝が活発になり、古い角質がはがれやすくなるのでくすみ・ザラつきなどのケアに最適です。

オイルマッサージでむくみ解消

ホホバオイルやスイートアーモンドオイルなどのキャリアオイル10mlに、ラベンダーオイルを1滴垂らしたものを混ぜれば、ラベンダーが香る”癒しのマッサージオイル”が作れます。顔や体などの気になる部分を中心に、溜まった老廃物を流すようにやさしくリンパマッサージをしましょう。
むくみやザラつきが取れてスッキリしますよ。

良質な睡眠が取れる

肌は寝ている間に細胞を作り替え、新陳代謝をおこなっています。
しかし、睡眠不足になると肌の新陳代謝が鈍くなり、くすみや吹き出物などの肌トラブルが発生しやすくなってしまいます。
睡眠不足を防ぐためには、寝る前にラベンダーオイルを使って「芳香浴」をしましょう。
アロマランプやアロマディフューザーなどで部屋中をラベンダーの香りで満たせば、心身共にリラックスして寝つきが良くなり、ぐっすり眠れるようになります。

リラックス効果◎ ラベンダーオイルを美容ケアに取り入れよう

リラックス効果◎ ラベンダーオイルを美容ケアに取り入れよう

ラベンダーオイルは、アロマグッズのお店などで手に入れることができるほか、ボディシャンプーなどのボディケア用品や化粧品に配合されていることも多いものです。
「手軽にラベンダーの香りを楽しみたい!」という方は、ラベンダーオイル入りの製品を毎日の美容ケアに取り入れ、活用してみましょう。

梅雨になると髪が広がる……この理由とヘアケア方法をcheck!

  • home
  • コラム一覧
  • 梅雨になると髪が広がる……この理由とヘアケア方法をcheck!

梅雨になると髪が広がる……この理由とヘアケア方法をcheck!

梅雨になると髪が広がる……この理由とヘアケア方法をcheck!

「梅雨になると髪が広がってボサボサになってしまう……」
このようなお悩みを持つ女性は多いでしょう。
梅雨だから仕方がない、と諦めモードの方もいると思いますが、髪が広がる理由をきちんと知れば、ボサボサ髪を防ぐことができます。
そこで今回は、梅雨になると髪が広がる理由と、それを防ぐ対策方法をご紹介いたします。

梅雨に髪が広がる理由って?

梅雨に髪が広がる1番の原因は、髪のダメージです。
ダメージを受けて傷んでいる髪は、キューティクルが剥がれている状態。
キューティクルとは髪の表面を覆っている部分で、外部の刺激から髪内部を守る役割があります。
キューティクルがあることで髪内部の水分やたんぱく質が保たれ、ツヤのある髪がキープされているのです。
しかし、紫外線やドライヤーの熱、摩擦、カラーリング、パーマなどのダメージが加わると、キューティクルが剥がれてしまいます。
キューティクルが剥がれると、その剥がれた部分から空気中の水分が浸入し、髪の内側に水分が蓄積されて膨張します。
1本1本の髪はそれぞれ異なる形に膨張してうねるため、髪全体が広がってしまうのです。

広がる髪を防ぐ方法って?

髪にも紫外線対策をおこなう

紫外線といえば肌に影響を与えるものと思われがちですが、実は髪のダメージの原因にもなります。
紫外線が髪に当たることでキューティクルが酸化し、剥がれやすくなってしまうのです。
紫外線は夏だけでなく、1年中降り注いでいます。特に春以降は急激に紫外線量が増えるため、髪の紫外線対策を徹底しましょう。
髪にも使える日焼け止めスプレーを使用したり、UVカット効果のある帽子をかぶったりして紫外線を防ぐことが大切です。

ドライヤーの熱を与えすぎない

髪を乾かすときにドライヤーの熱を与えすぎると、キューティクルが剥がれやすくなってしまいます。
ドライヤーをかけるときには髪から10㎝以上離すことを心がけましょう。
また、ドライヤーの時間をなるべく短縮するためにも、タオルドライをしっかりと行い、髪の水分をしっかりと取っておくことも大切です。
このとき、ゴシゴシとこするのではなく、タオルで髪をはさみ、ポンポンと軽く叩くようにして水分を取るのがポイントです。

髪にやさしいシャンプー&トリートメントでうるおいを与える

キューティクルを整えるためには、髪にやさしいシャンプーやトリートメントを使って、うるおいをキープすることも大切です。
洗浄力が強いシャンプーは頭皮に必要なうるおいまで落としてしまい、髪の乾燥を引き起こします。
これはキューティクルが剥がれやすくなる原因となるので、洗浄力がやさしいアミノ酸系のシャンプーを選ぶようにしましょう。
また、トリートメントでスペシャルケアをすることも必要です。
特に傷みやすい毛先を中心になじませ、2~3分放置してから洗い流すとまとまりのあるツヤやかな髪が叶います。

アルガンオイル配合のボディソープを使うメリット

たとえメイクが上手くいっても、お気に入りの洋服に身を包んでも、髪が広がってしまうだけで気分はブルーになってしまいますよね。
“女性にとって髪は命”と言われるほど大切なもの。
髪が広がる理由をしっかりと理解したうえで日々のケアをおこない、梅雨の湿気に負けない美しい髪をキープしましょう!

毛穴の黒ずみを洗顔でスッキリ落とす方法

毛穴の黒ずみを洗顔でスッキリ落とす方法

毛穴の黒ずみを洗顔でスッキリ落とす方法

小鼻などにできる黒ずみ。ぷつぷつとイチゴのようになるのが嫌で、ゴシゴシ強くこすったりしていませんか?
その方法では、黒ずみが取れたとしても、お肌が炎症を起こしたり、毛穴が開きっぱなしなったりして、余計にお肌の見栄えを悪くしてしまう可能性があります。
黒ずみをキレイに取るには、正しい洗顔をすることがポイントです。
ここでは、毛穴の黒ずみをスッキリ落とすための洗顔方法をご紹介します。

そもそも黒ずみって?

毛穴にできる黒ずみは、角栓と呼ばれるたんぱく質(角質)だと言われています。
本来、角質はターンオーバー(新陳代謝)によって自然と剥がれ落ちていくもの。
しかし、生活習慣や食生活の乱れ、寝不足、間違ったスキンケア、飲酒喫煙、ストレスなどによってターンオーバーが乱れると角質が肌表面に留まり、毛穴に詰まって角栓になってしまうのです。
角栓が黒く見えるのは、皮脂やホコリ、落とし残したメイクなどの汚れが付着し、酸化してしまうことが理由とされています。

黒ずみを落とすための洗顔方法

冒頭で伝えた通り、毛穴に詰まった角栓を無理やり取ると、お肌が炎症を起こしたり、毛穴が開きっぱなしになったりなどのトラブルを引き起こしてしまいます。
そのようなトラブルを招くことなく、スッキリと黒ずみを落とすための洗顔方法をチェックしておきましょう。

・メイクをしっかり落とす
メイクは汚れではないと考え、それほど丁寧にメイク落としをしていない人がいるかもしれませんが、前項で紹介した通り、メイクの落とし残しが角栓に付着し、黒ずみの原因になることがあります。
洗顔料ではメイクを完全に落とすことはできませんので、洗顔前にクレンジングをしっかり行い、メイクを完全に落としきった状態にしましょう。

・毛穴を開く
毛穴が閉じた状態では、スッキリすべての角栓を落としきることができません。
洗顔前に蒸しタオルなどで使って毛穴を開くようしてください。

・洗顔料はしっかり泡立てる
液体の洗顔料を手のひらに出し、それを顔の上で引き延ばすようにして洗顔をしてはいないでしょうか。
その方法では黒ずみを落としきれないだけではなく、お肌を強くこすることになってしまいます。
摩擦は角質層を傷つける原因になるので、洗顔料は手のひらでしっかり泡立ててから使うようにしてください。
その際はTゾーンから始めるといいでしょう。

・泡で包み込むように優しく洗う
黒ずみを落とそうとゴシゴシと強くこするように洗うのはNGです。
泡で顔を包み込むようなイメージで、優しく洗うようにしましょう。乾燥しやすい頬や口元、目元などは軽く泡をのせるだけでも効果があります。

・顔についた洗顔料をそのままにしている
洗顔後は、顔についている泡をすべてくまなく洗い流すようにしてください。
すすぎ残しが角栓に付着して、また新たな黒ずみを作ってしまう原因になりかねません。すすぐ際には、体温よりもちょっと低いくらいのぬるま湯(32℃程度)を使うようにしましょう。

・長時間洗顔を行わない
洗顔料はお肌に少なからずお肌にストレスを与えるものです。
泡をのせている時間を1分以内に収めるなど、短時間で洗顔を終えるようにしましょう。
毛穴を開いた状態で行えば、短時間でも充分効果を得ることができます。

アルガンオイル配合のボディソープを使うメリット

黒ずみを落とそうと思い、ゴシゴシこすったり、長時間顔を洗い続けたりする方もいるかもしれませんが、それはむしろ逆効果でNGです。
ここで紹介した洗い方のポイントを押さえ、黒ずみのないキレイなお肌を手に入れるようにしましょう。

体も手洗いするべき理由って?

体も手洗いするべき理由って?

体も手洗いするべき理由って?

お風呂で体を洗うとき、ナイロンタオルを使ってゴシゴシと体をこすっていませんか?
実はこの方法、体の汚れを落とすにはいいかもしれませんが、お肌のことを考えるとベストとは言えません。
近年では、体も「手洗い」するほうがいいと考えられています。
ここでは、体を手洗いするべき理由についてご紹介します。

ゴシゴシ洗いはお肌を傷つける

汚れをしっかり落とそうと、硬いナイロンタオルで体をゴシゴシ強くこすっている方も多いかもしれませんが、その方法はお肌の表面を傷つけてしまう可能性があります。
正確に言うと、お肌の角質層を傷つけてしまうことになるのですが、角質層はお肌を守るために必要なものです。
ゴシゴシ洗うことで傷ついた角質層は元通りになるまでに2週間以上かかると言われており、その間、お肌を守るものがない無防備な状態になってしまいます。
洗顔するときを思い出してください。顔をナイロンタオルでゴシゴシと洗う人はいませんよね。
ほとんどの方が手で洗うと思います。
原則はこれと同じです。体も顔も、表面を覆うのは同じお肌。やはりお肌のことを考えるのであれば、手洗いがベストであるということです。

手洗いをするときのポイント

体を手洗いする際は、いくつかのポイントを押さえておかなくてはいけません。

・しっかりと泡立てる
液体や固形の石けんを手につけて、ただ伸ばすように洗うだけでは、洗浄効果が期待できません。
お肌をいたわりながら洗浄効果を得るためには、泡で洗う必要があります。また、泡にはお肌を摩擦から守り、乾燥を防いでくれるなども効果があるとされています。
泡のまま出てくるボディソープなどを使い、泡をお肌にのせるようにしながら洗うようにしましょう。

・デコルテや背中はしっかり洗う
手洗いするときに限ったわけではないですが、デコルテ部分や背中は皮脂腺が活発に働いている部位になりますので、ほかの部位よりも念入りに洗うようにしましょう。
しっかり泡立て手洗いし、週に1、2回の頻度でタオル洗いをするといいでしょう。その際はナイロンタオルではなく、柔らかめのタオルを使い、やさしく洗うようにしてください。

・心臓に向かってマッサージするように洗う
手洗いのメリットは、体を洗いながらマッサージができるということでしょう。
指先やつま先などの末端部分から心臓に向かって、リンパや血流の流れを促しながらマッサージ洗いしましょう。むくみや疲れを和らげる効果が得られますよ。

アルガンオイル配合のボディソープを使うメリット

手洗いには洗浄力がないと思われがちですが、しっかり泡立てたボディソープを使い、部位によってはときどきタオルを使うなどすることで、ナイロンタオルで洗うのとそん色がないくらいの洗浄力を得ることができます。
泡で出てくるタイプのボディソープを選ぶなどして体を手洗いし、お肌をいたわりながらキレイな身体を目指しましょう。

ページトップへ