コラム

冬の乾燥肌は防げる! しっとり肌に導く保湿ケア方法

  • home
  • コラム一覧
  • 冬の乾燥肌は防げる! しっとり肌に導く保湿ケア方法

冬の乾燥肌は防げる! しっとり肌に導く保湿ケア方法

冬の乾燥肌は防げる! しっとり肌に導く保湿ケア方法

冬は1年のうちで、もっとも肌が乾燥しやすい季節です。
「他の季節は何ともないのに、冬だけ肌トラブルに悩まされる……」という人は、乾燥が大きな要因になっていると考えられるでしょう。
では、冬の乾燥肌を防ぐには、どうしたら良いのでしょうか?
しっとり肌を保つヒントとして、冬の乾燥肌の原因と、うるおいを逃さないケア方法をご紹介します。

冬の乾燥肌の原因は?

空気の乾燥

冬は気温の低下と同時に湿度も低下し、空気が乾燥しています。
しかも寒い室内ではエアコンなどの暖房器具を使うため、さらに空気がカラカラに乾きます。
その影響で、肌の水分が空気中に蒸発しやすくなり、乾燥してしまうのです。

肌の洗い過ぎ

肌の健康を保つためには、適度に洗って清潔に保つ必要があります。

しかし、洗い過ぎると、かえって肌トラブルの原因になってしまうことも。洗うたびに肌本来の保湿成分「セラミド」や「天然保湿因子」などが流れ出て、うるおいを感じにくくなってしまうのです。
特に冬は湿度が低下しているため、他の季節と同じような感覚で肌を洗っていると、乾燥による肌トラブルを招きやすくなります。

冬の乾燥肌を防ぐ保湿ケア方法

肌の洗い方を見直す

冬の肌の乾燥を防ぐためには、まず洗い方を見直すことが大切です。
肌をゴシゴシこすりながら洗うと乾燥しやすくなるので、洗顔料やボディソープの泡をクッションにしながら、優しく洗うようにしましょう。
顔であれば肌に直接触れずに、泡を転がすように洗うと効果的です。
体は、肌に刺激が加わりやすいナイロンタオルなどを使わずに、手のひらで撫でるように洗うことをおすすめします。

保湿力のある洗顔料やボディソープを使う

いくら正しい洗い方をしていても、洗浄力の強い洗顔料やボディソープを使用していると、肌が乾燥してしまいます。
保湿力のある洗浄剤を用いて、肌のうるおいを逃さずしっとりと洗い上げましょう。

洗顔後やお風呂上がりはすぐに保湿する

洗顔後やお風呂上がりの肌は、皮脂が洗い流されているため、いつもより乾燥しやすくなっています。
放っておくと肌の水分が空気中にどんどん蒸発してしまうので、時間をあけずに、すばやく保湿するようにしましょう。
体の保湿には、伸びが良くて肌なじみのいいボディミルクがおすすめです。
肌が完全に乾く前に保湿することで、よりみずみずしい肌をキープすることができます。

冬の肌の乾燥は、毎日のスキンケア方法を見直すことで改善できます。
肌に優しい洗浄や効率的な保湿を行って、冬でもうるおいに満ちた肌を手に入れましょう。

ページトップへ