しっとり潤いながら、肌ストレスから守るために開発された、ボディシャンプー

よくある質問

コラム

髪の自然乾燥は夏場でもNG? 美髪を保つ正しいアウトバスのヘアケア方法

  • home
  • コラム一覧
  • 髪の自然乾燥は夏場でもNG? 美髪を保つ正しいアウトバスのヘアケア方法

髪の自然乾燥は夏場でもNG? 美髪を保つ正しいアウトバスのヘアケア方法

髪の自然乾燥は夏場でもNG? 美髪を保つ正しいアウトバスのヘアケア方法

夏の暑い時期でも、きちんと髪をドライヤーで乾かしていますか?
夏場はドライヤーの熱風が不快だし、乾かしているうちに汗が出るのがイヤだからと、自然乾燥にしている方も多いのではないでしょうか?
しかし、自然乾燥は髪や頭皮にダメージを与え、髪を痛めてしまいます。
自然乾燥がどんなトラブルを引き起こすのか、美髪を保つためのヘアケア法とあわせてご紹介いたします。

髪の自然乾燥がNGな理由とは?

自然乾燥は、紫外線や摩擦の影響を受けやすい

濡れた髪は、頭皮の皮脂が髪に十分に行きわたっておらず、キューティクルが開いています。
いわば、ダメージを受けやすい状態で紫外線を浴びることになるので、髪や頭皮が劣化しやすく、抜け毛や白髪を招きやすくなります。
また、室内でエアコンや扇風機の風を浴びての自然乾燥も、キューティクルが開いたままの状態が長く続くため、髪や頭皮から水分が失われやすくなり、乾燥に繋がってしまいます。

夏の自然乾燥はニオイの原因にも

夏の時期に頭皮が匂うと感じたことはありませんか? 頭皮のニオイは汗によるものだと考えがちですが、実は頭皮の汗は無臭です。
ニオイの原因となるのは汗ではなく「皮膚常在菌」が大量に発生すること。
頭皮が濡れている状態が長くなると皮膚常在菌が増え、気になるニオイが発生しやすくなるのです。

美しい髪を保つためのアウトバスのヘアケア法とは?

美しい髪を保つためのアウトバスのヘアケア法とは

髪のキューティクルを守るため、シャンプーは1日1回まで

過度なシャンプーは髪や頭皮を痛めてしまいます。
汗をかく時期でも、できるだけシャンプーは1日1回におさえ、キューティクルをはがさないよう、やさしく丁寧に行いましょう。

ドライヤーで正しく乾かすことで、髪にツヤが!

髪を乾かすときは、タオルドライでしっかり頭皮の水分を拭き取ったあと、髪の根本から毛先に向かってドライヤーの風をあてましょう。
ドライヤーは髪から10cm以上離し、乾きにくい耳の後ろから行うと効果的です。
ドライヤーの温風で8割がた乾かし、その後は冷風に切り替えることで、キューティクルが整っていき髪にツヤが出てくると言われています。
髪が特にダメージを受けている場合は、洗い流さないトリートメントを髪全体に行きわたらせてから、ドライヤーをあてることをおすすめします。

美しい髪を保つためには、夏場でもキューティクルを守ることを意識したヘアケアが必要不可欠です。
特に、「皮膚常在菌」が増殖しやすい環境を考慮し、正しいアウトバスのヘアケアをこころがけましょう。

ページトップへ