しっとり潤いながら、肌ストレスから守るために開発された、ボディシャンプー

Leivy Naturally

よくある質問

コラム

日焼けしたあとが重要! 肌にやさしいボディケア方法とは?

  • home
  • コラム一覧
  • 日焼けしたあとが重要! 肌にやさしいボディケア方法とは?

日焼けしたあとが重要! 肌にやさしいボディケア方法とは?

日焼けしたあとが重要! 肌にやさしいボディケア方法とは?

日焼けした肌は紫外線によってダメージを受けており、軽いやけどをしたときと同じ状態だといわれています。
そのため、間違ったボディケアをしてしまうと悪化してしまい、さまざまなトラブルに発展することも……。
日焼け後の肌の状態を悪化させないためには、ていねいなボディケアを心掛けることが大切です。
今回は、日焼けしたあとの肌をやさしく労わるボディケア方法をご紹介します。

日焼けしたあとの肌は軽いやけど状態!?

肌は紫外線を浴び続けることで日焼けを起こします。
日焼け後の肌は軽い炎症を起こしている状態で、軽いやけどをしたときと同じぐらいのダメージを受けているのです。
日焼けの症状には個人差がありますが、おもに「赤み」「痛み」「ほてり」といった症状が出るほか、長時間強い日差しを浴びた場合は水ぶくれを起こすこともあります。
また、赤みやほてりなどが引いたあとの皮膚は、内部の細胞が紫外線によって破壊され、弾力を失うためシワやたるみなどを引き起こしやすくなります。
さらに、紫外線を浴びることによってメラニン色素が増加し、くすみや黒ずみ・シミなどの原因となってしまうのです。

日焼けしたあとの“肌を労わるボディケア方法”とは?

日焼けしたあとの“肌を労わるボディケア方法”とは?

日焼けの仕方には個人差がありますが、特に肌が弱い人(日焼けすると赤くなりやすい人)の場合は、日焼けによるダメージが深刻化しやすい傾向にあります。
日頃から日焼け防止対策を徹底するとともに、次のような日焼け後のボディケアをていねいにおこないましょう。

1.肌を冷やす

日焼けをしたあとの炎症を起こしている肌を冷やすことで、炎症が悪化するのを食い止めることができます。
流水や濡れタオル、氷や保冷剤などで冷やすほか、冷やしたミスト化粧水をスプレーするのも有効です。
氷や保冷剤を使用する際はタオルで包み、そっと乗せるようにして冷やしましょう。
肌に余計な刺激を与えないように注意して、ほてりが治まるまでしっかり冷やせばOKです。

2.やさしく洗浄する

日焼けをしたあとの肌にとって、摩擦によるダメージは大きな負担となってしまいます。
そのため、お風呂で体を洗う際にボディタオルやスポンジなどでゴシゴシこするのはNGです。
ボディシャンプーをバスリリーなどでしっかりと泡立て、手のひらに乗せたら泡の弾力で押すようにしてやさしく洗っていきましょう。また、泡立てるのが苦手な方や忙しい方には、泡タイプのフォームボディシャンプーもおすすめですよ。
ボディシャンプーは保湿効果の高い成分が配合されたものを選ぶと、日焼け後の肌をやさしく保湿できるので意識して選んでみましょう。

3.ていねいに保湿する

日焼けしたあとの肌は、細胞内の水分が蒸発し、カラカラに乾燥している状態です。
そのため、赤みやほてりが落ち着いてきたタイミングでていねいに保湿をおこない、肌のダメージ回復の手助けをしてあげることが大切です。
化粧水をやさしくていねいになじませたら、ボディクリームなどの油分で水分が逃げないようにフタをして仕上げましょう。
乾燥が気になる部分には、何回か化粧水をなじませてからクリームを塗るとしっとりと仕上がりますよ。

日焼けしたあとはアフターケアが肝心!

日焼けを防ぐためには日頃からUV対策をおこなうことが大切ですが、うっかり日焼けをしてしまったあとでも、適切なボディケアをおこなえば肌へのダメージを最小限に抑えることができます。
「冷やす」「やさしく洗う」「たっぷり保湿する」という3つのポイントを意識してスキンケアを続けてみましょう。

ページトップへ