しっとり潤いながら、肌ストレスから守るために開発された、ボディシャンプー

Leivy Naturally

よくある質問

コラム

「ボディクリーム」「ボディミルク」「ボディジェル」の違いとは?

  • home
  • コラム一覧
  • 「ボディクリーム」「ボディミルク」「ボディジェル」の違いとは?

「ボディクリーム」「ボディミルク」「ボディジェル」の違いとは?

「ボディクリーム」「ボディミルク」「ボディジェル」の違いとは?

ボディの保湿に欠かせない“ボディケアコスメ”には、「ボディクリーム」「ボディミルク」「ボディジェル」などさまざまなものがあります。
これら3種類のアイテムには、どのような違いがあるのでしょうか?
今回はテクスチャーの異なる3つのアイテムを、どのように使い分ければよいのかご紹介します。

ボディクリーム、ボディミルク、ボディジェルの違いは?

ボディケアコスメにはボディクリームやボディミルク、ボディジェルなどさまざまな種類があります。
これらの大きな違いは「油分と水分量の配合」です。
例えばボディクリームはシアバターやアボカドオイルなどの油分が多めに配合されていて、水分の蒸発を防いでくれる効果が高くなっています。
さらっとした質感のボディミルクやボディジェルの場合は水分量が多く、油分はボディクリームに比べると少なめです。
それぞれテクスチャーや使用感が異なるため、使い分けるとよいでしょう。

ボディクリーム・ボディミルク・ボディジェルの特徴は?

ボディクリームとボディミルク、ボディジェルの3つのボディケアコスメには、それぞれどのような特徴があるのでしょうか?
おすすめの使用季節や肌タイプについても知っておきましょう。

ボディクリームの特徴

ボディクリームは油分が多めでこっくりとしたテクスチャーが特徴のアイテム。
そのため、湿度が低く乾燥しやすい秋冬や、乾燥肌の人におすすめです。
ボディクリームは肌の水分を逃がさないよう油分でフタをする効果が特に高いので、お風呂上りにひじや膝、かかとなどの皮膚が厚くゴワつきやすい部分に塗り込むと、しっとりふっくらと仕上げてくれます。

ボディミルクの特徴

ボディミルクはボディ用の乳液ともいえるアイテムで、ボディクリームに比べると油分が少なめでとろりとしたテクスチャーです。
そのため、さっぱりと保湿したい夏場はもちろん、ベタつきが苦手な人にもおすすめですよ。
また、乾燥がそこまでひどくない人であれば、秋冬の保湿はボディミルクだけでも大丈夫でしょう。
ボディミルクは水分が多く配合されているため、肌へ素早く浸透していき、しっとりと仕上げてくれます。
また、「肌に広げやすく塗りやすい」という特徴もあるので、背中や胸を保湿したいときにも便利です。

ボディジェルの特徴

ボディジェルは、ボディクリームやボディミルクよりもさらっとしているジェル状の保湿アイテムです。
腕や脚、胸や背中などの広い範囲にも塗りやすく、ベタつきにくいので年間を通じて使いやすいという特徴があります。
肌に塗ってから浸透するまでが早いので、すぐに服が着られるのもうれしいポイントです。

クリームタイプに比べると油分が控えめに作られているものが多いので、乾燥しやすい秋冬に使用する場合は「ヒアルロン酸」や「ゴートミルク」などの保湿成分がたっぷり配合されたものを選ぶのがポイントですよ。
お風呂上りや乾燥が気になるときに塗ると、水分をたっぷり含んだジェルがすーっと馴染み、うるおいに満ちたみずみずしい肌に仕上げてくれます。

ボディクリーム等のボディケアコスメは、目的に合わせて選ぼう!

ボディクリーム等のボディケアコスメは、目的に合わせて選ぼう!

女性の肌はデリケートなので、季節やホルモンバランスの変化、ストレスや食生活の乱れなどによっても肌のコンディションが変化しやすいもの。
その時々の肌をよく観察し、乾燥具合や状態に合わせてボディケアコスメを選ぶことで、常に美しい肌を保つことができますよ。
色々と試してみて、自分好みのボディケアコスメを見つけましょう!

ページトップへ