しっとり潤いながら、肌ストレスから守るために開発された、ボディシャンプー

よくある質問

コラム

いろんな化粧品に入っている、界面活性剤の役割って?

  • home
  • コラム一覧
  • いろんな化粧品に入っている、界面活性剤の役割って?

いろんな化粧品に入っている、界面活性剤の役割って?

いろんな化粧品に入っている、界面活性剤の役割って?

界面活性剤はシャンプーやボディソープ、クレンジング剤など実にさまざまな化粧品に配合されています。一般的には「肌に悪い」というイメージを持たれがちですが、必ずしも悪いものだとは限りません。 そこで今回は、界面活性剤の役割やメリットについて解説します。正しい知識を知っておき、スキンケアに活かしましょう!

さまざまなものに入っている「界面活性剤」の役割とは?

ボディソープや化粧品などに含まれている界面活性剤には、水分と油分を混ざりやすくする「乳化」作用があります。乳化とは、通常であれば混ざりにくい水と油を結び付け、再び分離するのを防ぐというものです。
界面活性剤にはこの乳化作用のほかにもさまざまな役割があり、適切に利用することで肌の表面に付いた汚れを落としたり、皮膚の中へ成分を浸透させたりすることができるのです。

そんな界面活性剤には、大きく分けて4つの種類があります。

陰イオン・アニオン型

シャンプーやボディソープ、洗顔料などに配合されているのが陰イオンやアニオン型の界面活性剤です。水と皮脂・メイクをなじませて汚れを浮かせ、落としてくれる作用があります。

陽イオン・カチオン型

陽イオン・カチオン型の界面活性剤は、髪や繊維などに吸着しやすいという特徴があります。帯電防止・殺菌作用などがあることから、トリートメントや制汗剤などによく利用されています。

両性イオン・アンホ型

柔軟剤やベビー用シャンプー、高級シャンプー・コンディショナーなどに使用されているのが両性イオン・アンホ型の界面活性剤です。とくに両性イオン型の界面活性剤は洗い上がりがやさしく、よく使われています。

非イオン・ノニオン型

非イオン・ノニオン型は、多くの化粧品に含まれている界面活性剤です。乳化作用によって化粧品の成分と水分・油分を混ざりやすくし、品質を安定させるために大切な働きをしています。

界面活性剤のメリットとは?

化粧品や洗浄料に含まれる界面活性剤は、水だけでは落とせない皮脂汚れや垢、メイクなどを落とすため、なくてはならないものです。もし界面活性剤が入っていない場合、肌に汚れが残ってしまうため、吹き出物やくすみなどのトラブルが起こりやすくなってしまうでしょう。

また、化粧水や美容液などにも、少量の界面活性剤が含まれています。界面活性剤が入っていることで美容成分が肌の皮脂膜や角質層に浸透しやすくなり、スキンケアの効果が高まるメリットもあるのです。
さらに、水分と油分を乳化させて品質を安定させる働きもあるため、長期間使用するファンデーションや日焼け止めなどにも欠かせないものとなっています。

界面活性剤は怖くない! 上手に利用しよう

界面活性剤は怖くない! 上手に利用しよう

界面活性剤は水と汚れをなじませてすっきり落とすほか、化粧水や美容液などのスキンケア成分を肌に浸透させるなど、重要な役割を担っています。
必要な理由を理解したうえで適量を使えば、たくさんの恩恵が得られます。「強力な界面活性剤で肌荒れしないか心配……」という方は、少量の界面活性剤を組み合わせた製品を選ぶなど、上手に利用してみてくださいね。

ページトップへ