しっとり潤いながら、肌ストレスから守るために開発された、ボディシャンプー

Leivy Naturally

よくある質問

コラム

春のゆらぎ肌対策に。肌バランスを整える洗顔方法

春のゆらぎ肌対策に。肌バランスを整える洗顔方法

春のゆらぎ肌対策に。肌バランスを整える洗顔方法

ぽかぽかと暖かい春は過ごしやすい反面、かさつきやかゆみ、吹き出物が増えるなどの肌トラブルが急増する季節でもあります。
季節の変わり目になると調子が悪くなる「ゆらぎ肌」は、人との交流が多くなるシーズンには厄介ですよね。
今回は、ゆらぎ肌の原因や対策法についてご紹介します。

春のゆらぎ肌の原因は?

皮膚が敏感になり、不安定な状態にある肌をゆらぎ肌といいます。
肌荒れやニキビ、乾燥肌などの肌トラブルが発生しやすく、化粧ノリが悪くなることも。
春に起こるゆらぎ肌には、いくつかの原因があります。

寒暖差と空気の乾燥

春は気温が安定せず、寒い日と暖かい日の気温差が大きくなる傾向にあります。
大きな気温の変化があると、肌にかかる負担も大きくなりやすいです。
また、気温の高い日は空気中の水分が蒸発しやすく、冬と同じように空気が乾燥するため肌へのダメージに注意が必要です。

紫外線の増加

3月から紫外線の量は急激に増え始めます。
シミやシワの原因とされる紫外線A波は春が最も強いといわれ、穏やかに感じる日差しでも夏以上に紫外線対策が重要となります。

花粉などの刺激

花粉の飛散量が増える春は、黄砂やPM2.5などの物質も刺激となり、肌が過敏になる時期です。
鼻水や咳だけでなく、アレルギー反応は肌のかゆみや乾燥として現れる場合もあります。

環境の変化によるストレス

進学や就職、部署異動など、春は生活が大きく変化する時期です。
慣れない環境は誰にとってもストレスになりやすく、ホルモンや自律神経の乱れを引き起こして肌トラブルの原因になる場合があります。

ゆらぎ肌を改善するには、洗顔を見直そう

いつものスキンケア製品がしみたり、ピリピリと感じたりするのは肌が敏感になっている証拠です。
不安定な状態であるゆらぎ肌には、刺激を与えないことが大切。
まずは、基本的なスキンケアである洗顔から見直してみましょう。

洗顔料の選び方

洗浄力が高すぎる洗顔料は、刺激が強く肌荒れを悪化させる原因になります。肌全体が敏感になるゆらぎ肌の時期は、保湿効果が高い洗顔クリームを使いましょう。
保湿成分を含む洗顔料の中でも、特にゆらぎ肌の方におすすめなのはゴートミルクを使用した製品です。
ゴートミルクは人間の肌に近いpH値で低刺激であり、天然のモイスチャー成分がうるおいを与えて肌をやわらかく保ちます。
また、ゴートミルクの脂肪球はとても小さいので、皮膚に浸透しやすくしっとりとした肌が長時間続きます。

正しい洗顔方法

洗顔の最も大切なポイントは、「こすりすぎない」ことです。摩擦で肌に刺激を与えないように注意しながら洗います。

①32度から34度くらいのぬるま湯で予洗いをする
②洗顔料をよく泡立てる(手を逆さにしても落ちないくらい密度の高い泡が理想的)
③Tゾーン→Uゾーン→目や口周りの順番に洗う
④ぬるま湯でしっかりと洗い流す

たっぷりの泡を肌の上で転がすように洗いましょう。
円を描くように、指の腹を使うのがコツです。皮脂の多いTゾーンはしっかりと、皮膚の薄い目や口周りは優しく触れましょう。
最後のすすぎは丁寧に行い、前髪の生え際やフェイスラインの洗い残しに注意してください。

ゆらぎ肌を改善するには、洗顔を見直そう

春の肌は敏感で、わずかな気候の変化や些細なストレスにも影響を受けやすい状態です。
ゆらぎ肌には、なるべく負担のかからないケアが必要。うるおいバランスを整えて、やわらかな素肌を保つスキンケアを意識してみましょう。

ページトップへ