しっとり潤いながら、肌ストレスから守るために開発された、ボディシャンプー

よくある質問

コラム

敏感になりやすい冬の肌。朝の洗顔を見直そう

敏感になりやすい冬の肌。朝の洗顔を見直そう

敏感になりやすい冬の肌。朝の洗顔を見直そう

冬の肌は、空気の乾燥や寒さといった過酷な環境にさらされています。そのため摩擦やスキンケアなどの刺激に敏感になりやすいうえ、カサつき・ごわつきが気になることも多いもの。
冬でも健やかで美しい肌をキープするには、肌の状態に合わせて朝の洗顔方法を見直すことが大切です。今回のコラムでは、「お湯のみ」「洗顔料」の2通りの洗顔方法をご紹介します。

冬の朝の「ベストな洗顔方法」とは?

冬は湿度が低く、肌が乾燥しやすい季節です。もともと乾燥肌の人は更に乾燥が進んでしまい、肌のバリア機能が低下して「敏感肌」になることも少なくありません。さらに、寒さで体が冷えると、血行が悪くなります。血行不良は新陳代謝を鈍らせてしまう原因にもなりますので、古い角質が残りやすくなってしまうのです。

冬になると肌の乾燥やくすみ、ゴワつきなどを感じる人が多いのは、このようなことが原因かもしれません。また、古い角質が残っている肌は、保湿をしても効果が表れにくくなります。不要な角質や皮脂を落とし、スキンケアの効果を高めるには、「朝の洗顔」を見直すことが効果的です。

冬の朝の洗顔で大切なのは、肌の状態によって洗顔方法を「お湯洗顔」または「洗顔料で洗顔」と変えることです。そうすることで、肌に余計なダメージを与えず余分な皮脂や汚れを取り除くことができますよ。

お湯で洗顔するときの正しい方法とは?

洗顔料を使用した洗顔や、スキンケアをしているときにピリピリとした刺激を感じる……このような症状の肌は、“特に敏感な状態”です。肌に余計な刺激を加えないためにも、洗顔料を控えてお湯だけで洗ってみるとよいでしょう。
お湯洗顔では、お湯の温度は「ぬるめ」にするのがポイントです。30~34℃ぐらいの少しぬるめのお湯で、肌をやさしく、こすらないようにすすいでいきましょう。寒いからといってお湯の温度を高めにするのはNGです。お湯が肌に必要な皮脂まで取り去ってしまうため、余計に乾燥してしまいます。また、冷たい水で洗うのも避けましょう。毛穴が引き締まりすぎて汚れや皮脂が落としきれず、肌トラブルの原因になってしまいます。

洗い終わったらタオルでやさしくぽんぽんと水気を取って、スキンケアをおこないます。水分が残っていると皮膚がふやけて乾燥が進んでしまうので、ていねいに水気を取るのがポイントです。

洗顔料を使って洗顔するときの方法は?

乾燥やヒリつきなどの特別な症状がないときには、洗顔料を使って朝洗顔をしていきましょう。その際、洗い方にいくつかポイントがあります。
洗顔料をしっかりと泡立てたら、皮脂の分泌量が多いTゾーン、Uゾーン(あご周り)に乗せます。こすらず、泡の弾力で包み込むように洗っていくのがポイントです。目元や口元などの乾燥しやすい部分は、洗顔料を乗せなくてもかまいません。乾燥を防ぐため、皮脂の多い場所のみにサッとなじませる程度にして、20秒ほどで流せばOKですよ。
すすぎの際はお湯洗顔と同じく、30~34℃のぬるま湯でやさしく流してくださいね。

冬の朝の洗顔は、肌をいたわりながらやさしく洗おう!

冬の朝の洗顔は、肌をいたわりながらやさしく洗おう!

冬は空気がカラカラに乾燥しているため、スキンケアにも特に気を配りたいもの。スキンケアの効果を高め、冬の寒さや乾燥に負けない肌を作るためにも、朝の洗顔方法を見直してみてはいかがでしょうか?
今回ご紹介した2通りの洗顔方法を試してみて、自分に合うベストな方法を見つけてみてくださいね。

ページトップへ